ブログ

HOME > ハウステックス スタッフブログ > SE構法、在来工法、RC、鉄骨?家の構造の選び方

SE構法、在来工法、RC、鉄骨?家の構造の選び方

2017年04月25日 Posted by カテゴリー:家づくりノウハウ

家の構造にはいろいろあります。

 

木造なら在来工法、SE構法。

他にも鉄骨造やRCなどありますが、

この業界で働いている人でなければ、それほど詳しくなくて当然です。

 

お客様によっては、構造の種類を知らないという場合も多いよう。

それで良いのです。

なぜなら、どれが合うかは家次第。

良い悪いではなく、その家に適した構造があるんです。

 

 

ハウステックスの家づくりは、様々な構造に対応しています。

今は耐震強度がより注目されるようになりました。

 

「地震に強い構造はどれ?」と質問されることがありますが、

正しい構造計画により、しっかりと施工された家であれば、

工法に関係なく地震に強い建物が仕上がるのです。

 

例えばSE構法は高品質集成材を用いた木造工法。

耐震性を保ちながら大空間を作ることができるので、

柱や壁の少ない広々としたリビングを作りたい場合などはSE構法が向いています。

リフォームのしやすさもメリットの一つ。

 

 

鉄骨造も柱の数を少なくして広い空間を確保することができます。

ただ、木造に比べると少し値段が高くなります。

 

RCは強度が高く防火性に優れています。

かなりの重量があり、大きな杭が必要なため、コストがかかるのが難点です。

他にも日本の伝統工法である木造の在来工法も、ハウステックスでは対応可能。

壁を主体とする構法と違って、柱や梁を使って組み立てるため、

開放的な窓や出入口を作ることができます。

 

このように、

それぞれの好みや重視したい点によって、

どの構造を選ぶかが決まります。

 

見た目の美しさだけではなく、

安心安全に暮らせる家を、構造から一緒に考えていきましょう。


株式会社ハウステックス(本社・モデルハウス)

〒184-0002東京都小金井市梶野町4-16-10

0120-363-068

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料見積依頼
PAGETOP

HOUSETECS

〒184-0002 東京都小金井市梶野町4-16-10
フリーダイヤル 0120-363-068 TEL 042-380-5630(代表) / FAX 042-380-5631