HOME > NEWS&TOPICS一覧 > 平成25年 総会・安全パトロール報告

平成25年 総会・安全パトロール報告

10月24日に現場CSパトロール・総会を執り行いました。

 

  総会

 

 協力業者45社にご参加いただき、パトロールの報告や講師の先生をお招きして

 セミナーを行いました。

 初めに、弊社 代表取締役 佐藤 義明による挨拶から始まりました。

 消費税増税に伴い、建築業界は駆け込み需要が大幅に拡大し、

 現場も慌ただしくなりはじめた今、「安全確保」の重要性を改めて

 認識する機会にしてほしいとの説明もなされました。

 

 現場CSパトロール報告

 

現場CSパトロールは、協力業者の方々と各現場を回り、安全確保・事故防止・周辺住民への

配慮などチェックリストに基づき、点検していきます。

常に現場で働く人々の安全を確保できるよう、周辺住民の方々になるべくご迷惑を

おかけすることがないよう、しっかりチェックしていきます。

 

 

 

 現場CSパトロール

 4人1組になり、2〜3現場を回っていきます。

入口の目立つ場所に、土足禁止の看板が設置してあるか

注意を促す看板の設置など細かくチェックしていきます。

お客様との立会いなどもあるため、小さいお子様にもわかるよう

目立つところにしっかり設置してあります。 

 

消火器は、玄関等のわかりやすい場所に

設置されているか、すぐに取り出せる様に

前に物が置かれていないか確認していきます。 

 

 危険の多い電動工具は、不良なく安全処理・安全カバーがされていることを

職人さんたちとも確認しあい、安全に対する意識を向上してもらい

「不測の事故」を招かぬよう努めていきます。

 

 

ネットシートにしわ・汚れ・たるみがないか。

足場が、安全に必要部材が設置されているか

建物と離れすぎていないか

ゴミが回りに落ちないよう囲われているか

 

建築現場の事故で最も多い転落事故や下で作業している作業員、

近隣の方への危険など、命に関わる事故につながるので細心の注意をはらいます。

 

 

 

セミナー

今回の先生は、住建センター株式会社 労働安全コンサルタント後藤さんです。

現場パトロールにも一緒に回っていただき、良かった点・改善点などのお話も

していただきました。

そして、今回のセミナーのテーマは、労働災害防止についてです。

労働災害とは、労働者が業務中、負傷、疾病、障害、死亡する災害の

ことをいいます。

厚生労働省の調べで、昨年1年間(平成24年)で労働災害に遭われた方が

22,851人もいることがわかっています。 

●災害の種類別死亡災害

 

 

●最も多い墜落・転落災害の発生状況

実際に重機との接触や高所からの転落で労災被害に遭われた方のお話と状況のDVDを拝見しました。

作業に集中しすぎたことによる事故・まさか落ちると思わなかったという不注意行動。

経験したからこそ語られる言葉に気が引き締まる思いでした。

そして、その防止策として次のようなお話をしていただきました。

 

 

 

○ヒューマンエラーから学ぶ墜転落災害の防止策

=(人間が犯す間違いや失敗)

 

@危険の軽視

 

A近道・省略の行為

 

B不注意(うっかり・ぼんやり・思い込み・勘違い)

 

C無知・未経験

 

D高年齢化の心身機能低下

 

E連絡不足

危険と隣合わせの現場では、うっかりやぼんやりが大惨事につながってしまいます。

労働災害に遭わないためにも、今回学んだ防止策を常に頭に置き、ひとりひとりが高い

安全意識を持って行動する。そして、周りのためにもしっかり声かけをし、

みんなで安全意識を高めあうことができれば、事故も減っていくと改めて感じることが

できました。

また、ケガした本人、家族だけでなく、お客様にも多大なご迷惑をおかけすることになって

しまうので、十分に注意し、無理のない行動を心がけていきたいと思います。

株式会社ハウステックス(本社・モデルハウス)

〒184-0002東京都小金井市梶野町4-16-10

0120-363-068

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料見積依頼
PAGETOP

HOUSETECS

〒184-0002 東京都小金井市梶野町4-16-10
フリーダイヤル 0120-363-068 TEL 042-380-5630(代表) / FAX 042-380-5631