注文住宅

HOME > 注文住宅 > 構造

構造

地震に強い構造とは?

どんな構造が強いか?

一戸建住宅の規模では、どれが強い、あるいはどれが安全か、という事は言えません。差はないと言っていいのです。構造計画・施工がきちんと行われていれば、工法に関係なく、地震に強い建物になります。

→ハウステックスではどの構造にも対応しております。

建築構造の種類

 

強い弱いの問題ではなく、それぞれの構造に特徴があります。

木造

木造は日本の住宅では数多く用いられている構造です。柱・梁を中心に組み立てる 軸組構造(在来構法)と 壁で支えるツーバイフォー(枠組み壁構法) などがあります。

 

また、最近では集成材を使用して大規模な木造建築物も造られるようになりました。木造は重量が軽く、比較的単価が安いなどの特徴があります。ハウステックスは「SE構法」登録施工店です。

 

SE構法

高品質集成材を用いた木造工法です。構造をフレームで支える準ラーメン構造を実現したため、大開口・大スパンのある空間も可能になりました。すべての建物で構造計算を行うので耐震性能が保証されています。間仕切壁に荷重をかけない構造なので、リフォームの自由度が増します。

 

軸組構造(在来工法)

日本の伝統工法です。 柱・梁などの細長い材を用いて組み立てるので軸組構造といいます。地震などの横からの力には筋違いを入れた壁(耐力壁)で抵抗します。壁を主体にする構法に比べて間取りに制約が少ない、開放的に窓・出入口をとれる、というのが特徴です。増改築をする際も間取りの自由度があると言えます。

 

2×4(枠組壁工法)

ツーバイフォーは2×4インチの材を主体にしてつくられます。北米やカナダで使われている工法で、輸入木材とともに日本に入ってきました。枠組みに合板を打ち付けた床、壁を立ち上げていくので、作業が単純になり、工期も早くなります。枠組みが家を支える構造なので、間取り変更を伴うリフォームが難しくなります。

 

ハウステックスでは「ひのきづくり」に乾太郎を採用しております。

鉄骨造

木材より重く、強度があるので柱の数を少なくして広い空間を確保できます。 ラーメン構造と筋交いを用いるブレース構造とがあります。 不燃材ですが、火災時にある温度以上になると強度が落ちてしまいます。(500度以上で強度が約半分になる) 地震の時には柔軟性と粘りがあるのが良い点です。 木造に比べると少々価格は高くなるようです。

RC造(鉄筋コンクリート造)

引っ張る力に強い鉄筋と、圧縮力に強いコンクリートを組み合わせた構造です。重量が重いので遮音性に優れており、熱容量(熱をためる能力)が大きいので 暖まりにくく冷めにくいという特徴があります。 柱と梁で支えるラーメン構造と、壁で支える壁構造とがあります。 重量も重く、比較的単価も高くなるようです。

株式会社ハウステックス(本社・モデルハウス)

〒184-0002東京都小金井市梶野町4-16-10

0120-363-068

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料見積依頼
PAGETOP

HOUSETECS

〒184-0002 東京都小金井市梶野町4-16-10
フリーダイヤル 0120-363-068 TEL 042-380-5630(代表) / FAX 042-380-5631